子なし生活ー夏の”ホリデー”

数日前から子どもたちがフランスのおばあちゃん、ひいおばあちゃん、そしてはとこたちと一緒にバカンスに行っている。

IMG_4586

というわけで、この2週間は子なし生活??(ルンルンしている時点で母親失格かと時々自分でつっこんでみるけど、でもやっぱり期間限定の子なし生活の”自由”っぷりにはルンルンせざるを得ない!)

実はこれ、私たち夫婦にとっては(たぶん子どもたちにとっても)毎年恒例の夏の一大イベント。この子なしの2週間の”ホリデー”を目指して、仕事も子育ても思いっきり頑張る!風なところがある。もちろんこの間2週間、私たちは毎日会社に行くのだけど、”ストレス度”が違う。

IMG_4604

朝起きて、子供たちの朝食の準備、学校の準備をして、自分たちの準備をして、ナニーさんが来るのを待って、、、と慌ただしい朝を送る必要がない。ゆっくり起きて、自分のことだけに集中すればいい。ゆっくりと朝食が食べれるし、朝のニュースだって読める(見れる)。

会社帰りだって、5時半までには仕事を終わりにしないと!という緊張感もなければ、急いで会社を飛び出して、でも地下鉄が遅れたらどうしよう?!という焦りもない。それどころか、今日は会社帰り何しようかなー。どこ行こうかなー。誰と会おうかなー。なんてワーママからすると超贅沢な自由を味わえる。

というわけで、私たち夫婦にとっては毎年夏のこの2週間、ひとつの大きな義務から解放されたようで、そして新婚当初に戻ったような気分に浸ることができ、とってもルンルンなのであります??

 

どうやらフランスではおじいちゃんおばあちゃんが孫とバカンスを過ごす、というのは結構日常茶飯事な習慣であるようです。わが夫も子どもの頃、毎年夏は1ヶ月近く、両親が働いている間におじいちゃんおばあちゃんとバカンスに出かけていたとのこと。

IMG_4627

さて、子なし生活1日目。昨年と同様、まずは会社帰りに近所のネイルサロンへ。

手足両方の爪のお手入れそしてネイル。今年はクラシックな赤にしてみました!

それにしても他人に自分の体のお手入れをしてもらうって何て優雅でリラクシングなんだろう!と改めて思う。これぞまさに自分へのご褒美?

ネイルが済んでからは、夫と近くのおいしく雰囲気もよく大人気なイタリアンレストランへ。実は前々から行きたかったのだけど、なかなか子供と行っても、心地よく料理と時間を堪能できそうにないので、行っていなかったお店のひとつ。ついにチャンスが!!

IMG_1300

 

うわさ通り美味なイタリアンと白ワイン、最高に幸せな時間を過ごすことができました。

IMG_1297

 

次の日。アフターファイブは会社のお友達とデート??

彼女もこの1週間は子なし生活なのでたまの自由を満喫中。前々から行ってみたかったPromsのクラシックコンサートに一緒に行って来ました!

IMG_1306

Promsとは夏の期間に8週間に渡って催される一連のクラシックミュージックのコンサートのこと。場所はこの前の”白鳥の湖”のバレエと同じ、 Royal Albert Hall(ロイヤルアルバートホール)。

IMG_1118

雰囲気だけでもとっても優雅。とはいえ、Promsの醍醐味は何といっても立見もできてしまうところ。立見は当日にチケットを購入することができるので、毎日のようにホールの外には長蛇の列ができているとか。昨年は立見券目指して少しの間並んでトライしたものの、あまりに列が長蛇だったので、途中であきらめた。ということもあり、今年は予めチケットを購入。

時々こうして芸術に触れるのは、五感が研ぎ澄まされるような感覚を得られるばかりでなく、本当に心から癒される。しかも何だか心が洗われた気分になった。

音楽のある生活は、やっぱりとても豊かな生活だと改めて思う。今の日々の生活にもう少し音楽の要素を取り入れていけるようにしよう、とひそかに心に誓ったのでありました。

さて、優雅なひとときを楽しんだ後は、せっかくの期間限定子なしママ同士。この機会に夜遊びをするしかない!というのとまあ小腹が空いていたし、ちょっくら素敵にワインでも飲みたい!ということで通りで見かけたワインバーへ。

IMG_1307

迷いもなくシャキュテリ(生ハムやサラミの盛り合わせ)を注文しているお友達。ナイスチョイス!!

そしてシャキュテリに欠かせないのが赤ワイン!

最高に優雅でとても楽しい夜のひととき。お友達よ、どうもありがとう??

そして、子供とバカンスにでかけてくれているフランスのママンそしてマミー(ひいおばあちゃん)、本当にどうもありがとう??


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA