まだまだ続くロンドンの素敵スポット

さて、先週もこの週末もまだまだ大人のロンドンを堪能していました。

まずはシティーにあるスカイガーデン

WP_20160725_18_07_52_Pro

ここはデートスポットにおすすめ!しかも登るだけなら無料?

夫と会社帰り6時に待ち合わせて並ぶこと約30分。エレベターから出ると、まるで別世界!これぞ空中のお庭〜!

WP_20160725_18_37_31_Pro

WP_20160725_18_34_33_Pro

WP_20160725_18_38_29_Pro

ロンドンは建築デザインがとても洗練されているといつも思う。そもそもガラス張りの高層ビルにガーデンを作っちゃおうなんて発想が素敵だと思う??

そんな異空間で夫と私はちょっとしたおつまみとサイダー&ビールタイム。ロンドンの街を見下ろしながらのサイダーもなかなかよいものです。

WP_20160725_18_47_34_Pro

実は去年も子なしラブラブ夏休みにここスカイガーデンに来たのです。ところが、スカイガーデンに登って5分もたたないうちに、アラームが(涙)。”アラームがなっているので現在状況を確認中。火災が発生している可能性があるので速やかに降りて下さい”とのアナウンス!きゃ〜、恐ろしい!ということで、即非常口から約40階もある階段を駆け下りたのであります。周りの人々が比較的落ち着いていたので、もしやただのいたずら?と一瞬思ったものの、いや、ここで本当に何かが起こっていた時遅しになったらまずい、とかなりの危機感を感じた夫が即逃げの体勢。

結果としては幸いにも何もなかったらしいのですが、そんな落ちのあった去年のスカイガーデン。今年こそはゆっくり出来るといいね〜、と懲りずに訪れたのでありました。今回は打って変って素晴らしい時間となりました。

 

さて次にず〜っと行きたいと思っていたところ, Burger & Lobster。ロブスターが食べれるなんて最高じゃないか!と前々から狙っていたもののなかなか機会がなかったお店。

ついに行っちゃいました!

WP_20160726_18_43_22_Pro

やっぱり美味しかった〜??

いつもと違う感もまたよし。超リピーターにはならないだろうけど、時々友達が遊びに来たときなどに行くにはグッドチョイス!

 

それから最近うちの割と近くにできた安くておいしいビザ屋さんFranco Manca。実は会社の近くにもあり時々ランチタイムに同僚たちと行っている。12時過ぎには満席になってしまう何とも繁盛なお店。

理由は単純!

お店の雰囲気はモダンでお洒落な感じだし、石のオーブンで焼いたピザの生地はかなり美味しい。そしてなんといってもめちゃめちゃ安い!通常こんな風に普通にお洒落で今風で美味しい生地のピザ屋さんだったら少なくとも10ポンドはするだろうと予想する。ところがお値段はなんと6ポンドから7ポンド。つまり3分の2以下。

確かに出されるピザを見て明らかなのは、チーズやトマトソースの量がやたら少ない。とは言え、健康志向なこのご時世。チーズが少ないのは逆にうけがいいのかもしれない、と思う。トマトソースに関しては約1ポンド追加で払えば普通の量にしてくれる。

とまあそんなところで経費を節約しているのかなーと感じる。実際はきっともっと奥が深いのだろうけど。

と、そんな今人気なビザ屋さんがうちの近所にも進出!と聞きつけて早速行って来たのだ。

おっと、残念ながら写真が、ない。。。

またすぐに食べに行くことはないだろうけど、あまりお金をかけたくないけれど外食体験を楽しみたいときのオプションとしては花丸だと思うのです。

 

そして最後にDinerama。これは夫の若い同僚たちにすすめられて行ったところ。

thumbnail_WP_20160730_20_40_53_Pro thumbnail_WP_20160730_20_45_38_Pro

正直10歳若ければもっと楽しく刺激的なひとときを過ごすことが出来たんだろうな、と思った。ストリートフードをみんなで楽しもう!的な空間。日本で言うお祭りと、西洋のクラブが混ざったような感じ?!クラブミュージックガンガンの中、若者たちがそれぞれのストリートフードとビールやカクテル片手に酔っ払い時間をエンジョイしている。

thumbnail_WP_20160730_21_49_38_Pro

thumbnail_WP_20160730_20_56_29_Pro

こんなところもあるのねーという意味では面白い発見であった。でもやっぱり年の差と自分たちはもう2児の親ということで若干居心地の悪さを感じながらも、同時に、うちらも年取ったねーという話題で盛り上がった(笑)。

夫とは付き合い出して10年になる。

早いような気もするけれど、あまりに色々なライフイベントがあったので何とも濃い年月であった。まさかあの日から10年後に私たちが夫婦として子供二人を抱えてロンドンにいようとはどうして想像できただろうか。

とそんなことを考えさせられるDineramaのひとときだった。ちなみに一緒に行くはずだった夫の同僚からは夜中の1時頃、”今着いた!”との連絡が。

もう付いていけません、最近の若者には。とそう感じてしまう自分が年だわ、ほんと(涙)。

ロンドンはやはり若者たちにはとっても刺激的な楽しい街だとつくづく思う。そんな若者たちに気分だけでも仲間入りできたことに感謝です!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA