我が家のクリスマスランチ

あっという間にクリスマスも去り、お正月に向かって大掃除が始まる今日この頃。楽しいクリスマスを過ごされましたでしょうか。

我が家は今年は、日本で家族揃ってのクリスマスランチをしました!

(写真のトナカイさんはお兄ちんがトイレットペーパーの芯で作ったもの❤️)

欧州では結婚をすると、それぞれ妻の家族、夫の家族と隔年ごとに集まってお祝いすることが一般的であるようです。

我が家の場合、クリスマスはやはり本場の欧州の方が”家族イベント”としてみると、重要度が高い、というのと、逆に日本はどちらかというと欧州よりもお正月の重要度が高いというのもあり、ほとんどのクリスマスはフランスで過ごして来た。フランスでクリスマスイブとクリスマスを過ごし、直後に日本に帰国して年末年始を過ごす、というのがこれまで多かったパターン。

今回は、日本でママンの両親と、そして兄弟のファミリー、また、海外から一時帰国中の妹とみんなで一緒にクリスマスランチをしました!

前日はケークサレを焼き、当日は朝8時半から、妹とともに、台所でいくつかのサイドディッシュになるもの、そしてメインのチキンの丸焼きの準備!もちろん、クリスマスソングを流しながら🎵

その間、ぼくちんたちはパパとデート❤️

こうしてみんなでワイワイ楽しく集うために作る料理はとってもウキウキでとっても楽しい🎵しかもやはり自分一人で、ではなく、誰かと一緒にチームで料理!となるとなおさらテンションが上がるのだ!

今回は、ケークサレ、フレンチミモザ、グリッシーニの生ハム巻き、フォアグラのパテ、パスタサラダ、チーズの盛り合わせ、ワカモレ、サーモン、そしてメインのチキン丸焼き(レーズンとパプリカご飯詰め)、を用意しました。

準備の目処がたったら、今度はお着替えをし、お化粧をして更に気分を盛り上げる!確かにホームパーティーだし、家族で集まるだけなのに、誰に色気使うのじゃ〜?!という感じではあるものの、やっぱりオシャレをすると楽しいのだ❤️

更にクリスマス気分を盛り上げるために、100円ショップで購入した、家族と子供用の(もちろん自分用も!)サンタの帽子やトナカイのヘアーバンドも被って🎵

みんながぞろぞろ集まって来たら、まずは赤ワインで乾杯〜

大人たちはそれぞれの会話に花を咲かせ、傍ら、総勢7人の子供達は、食には全く興味はないけれど、みんなで小さなちゃぶ台に座って食べるのがとっても楽しいようで、大興奮!

デザートは妹作のドイツのクリスマスクッキーとチョコレートの詰め合わせ🎵

途中、子供達には家の前の公園で遊んでもらい、帰って来た頃にはサンタさんがプレゼントを置いていってくれた、というストーリーにし、第一弾プレゼントをゲット!これまた大興奮🎵

こんな子供だましの設定でも、ちゃんとサンタさんが運んで来てくれたことを心から信じ、喜んでくれる子供達。なんと純なのか(笑)!

その後、子供達はそれぞれサンタさんからいただいたおもちゃに夢中になり、おかげ様で大人たちはなんとも平和なデザートタイムを楽しむことができました❤️

こうして、ぼくちんたちが、いとこたちと集まって、みんなで一緒にクリスマスを過ごせる、ということに何とも言えない幸福感を覚えるママン。やはりいとこの存在というのは大きい。

さて、このようにして昼間のクリスマス会が無事終了し、夜になりました。

ぼくちんたちは、翌朝、ツリーの下にプレゼントがあることを想像して興奮し、なかなか寝付けない様子。また、サンタさんは、きっと色々な家を回って疲れているだろうと思慮したようで、サンタさんのためにお兄ちんの手作りクッキーと飴玉を用意し、ツリーの近くに置いていた。メモ書きにはきちんと、”To Santa”と書いてある。かわいい❤️

やっと子供達が寝静まった後は、まだ大人たちの大切な仕事が残っている!

ぼくちんたちのために購入していたプレゼントのラッピング、そしてツリーの下に並べる作業。

眠たいお目目をこすりながら、かわいい我が子たちのために頑張ってラッピングをしました、母ちゃん(父ちゃんはダウンしてねんね(涙))。

翌朝の子供たちの興奮ぶりはご想像にお任せします。

やはりクリスマスとは子供達にとって、大人の想像を超えるくらいマジカルなものなんだろうなと改めて思ったのでした。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA