季節外れのイチゴ狩り、ジャム作り、そして山小屋

今日からどうやら梅雨入りをしたようですね!

いつもは太陽サンサンが大好きなママンですが、何だかこの涼しげな梅雨模様も、心が落ち着くようで、気に入っています。

さて、週末は親戚の農家のおうちへ、16、7年来続く毎年恒例イベント、”いちご狩り、ジャム作り、そして山小屋ステイ!”に行って来ました。

この親戚&家族イベント、ママンが大学生の頃から開催されているにも関わらず、参加するのは今回2回目。学生の頃は、何かとサークルがあったりバイトがあったりで、なかなか家族イベントに参加する時間がありませんでした(これ、家族には、ママンはいつも忙しい!と家族時間を作らない!、と若干責められていました(涙))。そしてその後はご存知の通り、長らく欧州にいたので参加できず。。。

そんないちご狩りイベントですが、親戚農家で、余ってしまったイチゴたちをみんなで収穫し、それでジャムを作るのです。

大人にとっても楽しいイベントですが、子供たちにとっては、さらに大興奮なイベントなのであります。

さて、ビニールハウスに入ると、おっと、かなり暑いではないか!

とは言え、こんなにたくさんの美しいイチゴを食べ放題❤️ いや、本当はとり放題(ジャム作りのためにせっせと収穫!)❤️

気合を入れてみんなでイチゴ狩り、スタート!

パパは暑さに2、30分でダウンしていました(涙)。ぼくちんたちも、30分ほどしたら、もう”飽きた〜!”、”食べ過ぎた〜!”と、ビニールハウスを出て行く。

とは言え、たったの30分ほどでもかなりたくさんのイチゴが集まりました(もちろんお腹の中にもかわいいイチゴがゴロゴロ(笑))!

本当に美しい、そして美味しい!

それにしても、まだまだイチゴはハウスに残っているわけだけど、こんなにたくさんのイチゴが毎年、使われることなく終わってしまうというのが、何だかもったいなく、切ない気分になりました。どうやら人手不足で、全てのイチゴを刈り取りきれないとのこと。

また、この蒸し暑いハウスの中で作業する農家の方々。本当に大変な仕事です。イチゴがスーパーなどでかなり高額で売られているのも理解できる!と思った次第であります。

と、そんなことを考えながら、次はジャム作り!

ハウスのそばに、簡易ガスコンロを設置し、準備開始。

いちごはヘタをとり、洗い、鍋に入れ、大量の砂糖を入れ、ひたすら煮込む!

おばやおじ、いとこやいとこの子供たちとおしゃべりしながら、約30分。美しいいちごたちが、だいぶジャムのような姿になって来ました!

そんなことを4、5回繰り返し、親戚みんなでシェアできるほどの量のジャムを作り、今年の収穫は晴れて終了。

その後、みんなで富士山の麓にある山小屋へ移動!

今年は残念ながら親戚ファミリーは山小屋ステイには参加できなかったので、両親と兄ファミリー、そしてママンファミリーのみでのステイ。

山小屋からは正面に雄大に現れる富士山を拝むことができます。

また敷地内には、ヤギやウサギ、あひる、ロバなどがいるミニ動物園があり、子供たちは大喜び!

夕食のBBQまで少し時間があったので、子供たちは、ヤギさんたちに餌をあげたり、野原でサッカーをしたり、クローバーで花飾りを作ったり、それぞれ楽しく遊んでいました。

それにしても、お庭で夕食をいただくことの至福っぷり!

日本に戻って来てから何が恋しいって、やっぱりお庭で食事をしたり、アペロから始まり、ワインやおつまみを片手に時間をかけて食事をしたり、ということ。

日本にいながらにして、生活の様々な場面で、欧州で学んだ”L’art de vivre”、”生きる術(アート)”(意味合い的には、いかに人生を享受するか、楽しむか、といったところ)を取り入れていけるか、といったことがママンの直近な課題でもあり、楽しみでもあるのです🎵

さて、富士山の涼しい外気に触れながらのBBQを楽しんだ後は、子供たちを寝かしつけ、大人のワインタイム!

夜中まで、思い出話やら、結婚について、友達の話題、など尽きることなく会話に花が咲くのでした。

ちなみに翌日は、富士宮市にある奇石博物館の宝石わくわく広場に行って来ました。

砂利の中から、お宝(世界中のきれいな石)を探すというアトラクション。いや〜、かなり夢中になってしまった。純粋に楽しい!子供たち以上に大人が燃えてしまうというアトラクション。

色とりどりできれいな石をたくさん見つけることができました!

というわけで、大人も子供も大満足な週末でした🎵

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA