2017年を振り返って。そして年越しにみたいおすすめ映画

今日は大晦日。

ついに、2017年最後の一日です。

皆様は2017年最後の日をどのように過ごされるのでしょうか。

ママンファミリーは、クリスマス前から家族イベントが目白押しでした。

昨日はパリ在住時代からのお友達ファミリーのおうちに招待され、大人7人、子供4人の計11人で、夕方からホームパーティーを楽しみました。お兄ちんの誕生とともに知り合ったお友達家族、そしてお友達と旦那さん。こうして今度は東京という場所で一緒に楽しいひとときを共有できることに幸せを感じ、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

今日、大晦日はこれから、小さなぼくちんを通して知り合ったご近所のオランダ人ファミリーとカラオケに行き、その後近所の素敵な神社にお参りに行ってくる予定です。

さて、2017年を振り返ってみると、12年ぶりに生活する日本という地で、そして夫や子供たちにとっては初めて生活する日本という地で、いかに家族みんなが心地よく平穏な気持ちで日々過ごせるか、ということを常に念頭において生活をクリエイトできるよう試行錯誤していたように思います。

また、2017年は、新しい出会いよりも、12年間の欧州生活で距離があってなかなか会いたい時に会えない、話たいときに話せない、という状況であった家族や友達との時間を多くとり、改めて絆の強さを感じたり、さらに深めていくことに時間とエネルギーを使った一年であったと思います。

もちろん努力してそうしたのではなく、12年間の溝を埋めるかのごとく、とにかく”会いたい”、”一緒に時間を過ごしたい”という気持ちが強かったので、それがママンの中では自然な時間の使い方だったのです。

そして、そんな日々にとても幸せを感じていました(もちろん今でも継続!)。

自分を幸せにするのは確かに自分次第ではあるのだけど、自分の存在意義や、生きることのあたたかみを感じられるのは、やっぱり人との関わりの中であると改めて感じるのです。

というわけで、ママンにとっての2017年のキーワードは「家族」「友達」であったように思います。

家族や友達との確固とした繋がりを再確認し、生活基盤を固めていくことに関しては満足な1年間であったと思います。また、キャリアをいう意味では、新しいことにチャレンジし、刺激的な1年でもありました。

2018年は、もっと新しい出会いや、”キャリア”の確立に力を注いでいけたらなー、と思っています。

さて、そんな年の瀬のタイミングにとても素敵な映画を観たのでシェアさせてください。

「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」という作品。2013年のイギリス・アメリカ合作映画なので、もう既に観ている方も多くいると思いますが、平凡の日々や、恋人、友人、家族に対する愛が溢れる心温まるストーリーです♡

タイムトラベルの能力がある主人公が、意中の彼女との関係を進展させるため、そして人生をよりよくしようとする過程で、日々の幸せや愛に気が付くという、ヒューマンコメディー。

とってもキュートな主人公と彼女。愛に溢れる素敵な家族。美しいコーンフォールというイギリスの田舎の景色。そして、エキサイティングなロンドン。

“人生一度きり”というのはママンのマントラのように常日頃言って来たことですが、確かに1日も一度きり。”今日”という日は二度と来ないのです。”今日”という一日を最高な日にできたら!と改めて思わせるフィルムです。

是非是非、この年越しのタイミングで見ていただきたい素敵なストーリーでした♡

本年もロンドンの色・パリの味をご愛顧下さり感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました。

どうか心あたたまる年越しをお過ごしください。

今日はとっても寒いようですので、あたたかくしてお出かけください。

ではまた来年♪