フレンチパパの家庭料理ーかぼちゃのキッシュ

今日は久々にフレンチパパが登場です!

日本にいると時々カフェなどで食べたくなるキッシュ(不思議なことに、フランスやイギリスにいると全く食べたくならなかったキッシュ!欧州にいるとアジアな味が恋しくなり、日本にいるとクリーム系の味が時々恋しくなる、という何とも面倒くさいわたくし(笑))。

先日、フランスの冷凍食品店(ピカール)でパイシートを入手したので、日本に帰国して初めて自家製キッシュを食べました。

もちろん、パイ生地から作ることも可能ですが、時間と手間がかかるので、物事を簡単に済ませたいパパにはパイシートがおすすめです(ちなみにママンもパイシート使います)♪

フランスではよく、ポワローネギとホタテの白ワイン煮のキッシュを作っていましたが(とってもおいしいのでおすすめです!ポワローネギ3本ほどとホタテ貝適量をバターで炒め、白ワイングラス1杯ほどで煮込み、あとは以下と同じ要領でできます!)、今回、パパはかぼちゃのキッシュを作ってくれました♡

では一緒に作ってみましょう♪

材料

  • パイシート 1枚(ピカールのもの1枚分。日本製のものだとおそらく2枚分)
  • 玉ねぎ 1個
  • ベーコン 適量(長細い薄いベーコンを1パック使っていました)
  • しめじもしくは、マッシュルーム 1パック
  • かぼちゃ 適量(夫はスライスされたものを2パックほど使っていました)
  • 生クリーム 1パック
  • 卵 3個

作り方

  1. パイシートを室温に戻す(ピカールのものは4時間前に冷凍庫から出すように記載されていました)。
  2. パイシートを型に敷き、フォークで底と再度に穴をあける。
  3. パイシートだけをオーブンで空焼きする(各メーカーの案内に従ってください。ピカールの場合は、180度で18分)。
  4. パイシートを空焼きしている間に、かぼちゃを切り、下茹でする(少々塩をふるとよい)。
  5. ベーコン、しめじ(マッシュルーム)、玉ねぎを炒める(ベーコンから塩分が出るので、コショウ少々で十分なよう)。
  6. 焼けたパイシートの上に、かぼちゃと5のミックスをのせる。
  7. 卵3個と生クリームを混ぜ、塩こしょうを少々ふる。
  8. 6の上から7を流し入れる。
  9. 180度に温めたオーブンで30分ほど焼く。

出来上がり~♪

サラダを添えると見た目もカラフルになり、栄養バランスもよく、更においしさアップです♡

パパ、ありがとう♡

パパさんたち、いつも頑張っているママさんに是非、作ってみてあげてくださいね♪