グルテンフリー生活と体の変化

今日は暑すぎず、湿気もそれほどなくとてもさわやかな陽気でした。

さて、”食事”を変えて約3週間。

確実に体が変わって来ていることを実感しています。

まず、何をどう変えたか。

お友達との会話をきっかけに、リーキーガットについて調べ、グルテンフリー、糖質カット、乳製品カットを少しずつ始めてみることにしたのです。

では具体的には何をしたのか。

1.毎朝食べていたパンをやめた(グルテンフリー)

2.パスタやうどんをやめた(グルテンフリー)

3.クッキーやちょっとしたお菓子をやめた(糖質カット、グルテンフリー、乳製品カット)

4.ヨーグルトを豆乳ヨーグルトに変えた(コーヒーに入れる牛乳は2,3年前から豆乳を使っています)(乳製品カット)

と、そんな感じです。

グルテンフリーに関しては、パン、うどん,パスタ等、明らかにグルテンとわかるものは食べないようにしていますが、何かの食材に少し入っているような小麦粉に関しては、今のところそれほど気にしていません。

糖質カットに関しては、基本、スイーツは食べないようにしていますが、果物や料理に使うお砂糖(三温糖にしています)、ごはんなどの炭水化物は通常通り食べています。

乳製品カットに関しては、もともと牛乳がそれほど好きではないので、飲むことはなかったのですが、時々料理に使ったり、バターやヨーグルト、チーズは普通に食べていました。全てをカットするのは大変なので、とりあえず、牛乳、ヨーグルトは豆乳に変え、バターはギーにしてみました。けれども、ちょうどこのタイミングで義母がフランスから買って来てくれたエシレのバターが冷蔵庫で眠ったままなので、これはせっかくなので使いたい!と思っているところです。チーズは、これもお土産でいただいたヤギのチーズを時々食べていますが、乳製品に関しては完全にカットしなくてもいいかなーとゆるく考えています。

さて、そんな生活をしてみて3週間。

やはり体が変わりました。

まず、腰回り、お腹周りがすっきり!パンツやスカートのウエスト回りが大分緩くなったので、明らかに余分なお肉が落ちたと言えるかと思います。

また、指輪がくるくる回るようになり、残念ながら胸も小さくなりました(これは悲しい!!もともと大してないのに、さらにミニマイズ!)。

気になっていた肌荒れもかなり落ち着きました。

一番びっくりしたのは、週末のジョギング、いつもと同じ距離を走るつもりが、あまりに疲れを感じなかったので、若干距離を伸ばし、7キロほど割と楽に走れました。

こんなに身軽で疲れない自分にびっくりでした!

体重が軽くなったから、というのが大きいのかもしれませんが、グルテンフリーにすると疲れにくくなる、ということは読んでいたので、まさに!と納得。

確かに、パン好きなママンがグルテンフリーをするのは楽なことではありません。けれども一度、思い切って始めてみて、それを習慣にすると、意外と禁断症状のようなものはなく、例えばパン屋に子供たちのおやつを買いに行ったとしても、あまり食べたい!と思わなくなりました。

パスタやうどんに関しても同様です。

ただ、そのうち何かをきっかけに禁断症状が出る可能性があるのと、義母土産のバターを使いたいのとで、最近ネットでグルテンフリーの玄米パンを注文してみました。現在到着待ちです。また、近所のお店でグルテンフリーのパスタを見つけたので、それも買ってみました。近々試してみる予定です!

スイーツに関しては、近未来に禁断症状が出るんじゃないかと懸念しています。

なので、時々は食べよう!とあまりガチガチにならずにいこうと思っています。

というのは、食事制限をしてからというもの、食べたいものやおいしいものを我慢していると、普通にそれほど気にしない食生活している方が幸せなのかなーと時々思える瞬間があるのです。

あまり気にせず食べたいものを食べ、ちょっとふっくらしても、肌荒れしても、体調崩しても、そっちの方が心が満たされるのかなーと思ったり、同時に、いや、でもやっぱり体が軽くなり、疲れにくく、健康的で、きちんと制限できているという感覚がある方が自信につながるかなー、とか、色んな思いが頭の中を駆け巡ったりもしています。

今のところ、幸いにも現状をあまり苦痛とは感じていなく、むしろグルテンフリーをどう楽しめるか、という段階なので、しばらくは上記のような食生活を続けてみようと思っています。

ちなみに、若干驚きではあったのですが、アレルギーテストの結果によると、食品にはそれほどアレルギー反応は示さないのですが(りんご、エビ、小麦には微妙に反応するようです)、ハウスダストやダニ、スギやシラカバなどの木、猫、犬などに強く反応していました。

口に入ってくるものではなく、空気から体内に入ってくるものにアレルギー反応を示すとなると、あまり防ぎようがなく少々がっかりですが、自分の体について少し知ることができてよかったかなと思っています。

というわけで恐るべしグルテンフリー、イギリスであれほど”グルテンフリー”が叫ばれていたのが今頃になってようやくしっくり来たような感覚です。

ちなみに、本によると、グルテンフリーをすると、体重が減る以外に、睡眠の質が上がる、集中力が増す、疲れにくくなる、肌荒れが落ち着く、頭が冴える、といった効果があるそうです。

体のどこかに不調を感じる方、一度試してみる価値はあるんじゃないかと思います♪

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA