部分矯正「キレイライン」始めました!

今日はぐんと気温が上がるとのことで、とってもウキウキしたので、桜色のロングスカートに桜色のスカーフ、そして薄手のコートといういかにも”春”な装いで仕事に行って来ました。

そしてランチは大学時代の親友ちゃんが近くまで来てくれてので、少しばかり長めのランチタイムをいただきました!

さて、昨日から部分矯正の「キレイライン」を始めました。

歯並びはそれほど悪くもないのですが、若干下の歯でガタついている部分があり、実はずっとそこが気になっていたのでした。

今思えば有難いのですが、子供のころ両親に矯正を勧められていたものの、ワイヤーをつけるのが嫌だったため断り続け、社会人になった頃に、”あ、そういえば、矯正してこなかった!やっぱりあの時やっておけば!”なんて長らく思っていたのでした。

とは言え、これから矯正となると、日常生活に支障はきたさないだろうか、金額的に高額過ぎてそこまでする価値はあるのだろうか?その分を生活費や旅行代もしくは他の何かに充てるべきだろうか?

とそんなことを悶々と考えること数年。

これまでは、”いや、やっぱり今このタイミングで自分のことにそんな金額は払えない。子供や家族のために使うべき!”と判断を下し、矯正については半ば諦めていました。

それでもやっぱり諦めきれないところがあったのでしょう。

実は今年の目標(というかやりたいこと)の一つに、歯列矯正、というのを書いていたのでした。

そんなこともあり、さらっとで検索してみたら、”こんなのがあるんだ~”!と「キレイライン」を見つけて感激。

前歯上下6個だけの部分矯正。しかもワイヤーではなく取り外しが簡単にできる透明のマウスピースのような装置。そして期間も短く金額もreasonable!

これならいけるでしょう!!!いや、やるしかない!!

と強く感じ、早速予約をしてみました。

そしてトントントンと物事が進み(歯の検査、レントゲン、写真撮影等)、装置が完成し装着したのが昨日。

実は先週、もうすぐ「キレイライン」矯正が始まる!とウキウキしながら、装置の取り付け前に!と、歯のクレンジングとホワイトニングをしに行って来たのでした。

こちらもまた、たった一回のホワイトニング(約30分)で大分色が明るくなり、ママンとってもご満悦。

というわけで、一応キレイになった歯に、「キレイライン」を装着致しました。

部分的にかなり締め付けられている感があり、若干の痛みも伴い、いまのところ違和感しかありませんが、それでも、締め付けられている感が、「矯正している感」に結びつき、妙な快感があったりするわけです。

とは言え、外すときには毎回かなりの痛みを伴います。それもそのうち慣れるのでしょうか。

「キレイライン」は簡単に取り外しができるので便利ではあるのですが(食事や歯磨きのたびに取り外す)、色のついた飲み物や熱い飲み物が飲めない、あめやちょっとしたものをつまんだりできない、ということもあり、副産物的に“ダイエット”効果があったりもするそうです(笑)。

そんな「キレイライン」。

今のところ半年くらいは必要かなーと思っていますが、今後が楽しみでなりません。

ちゃんと期待に応えてくれますように!

まだ始めたばかりなので何とも言えませんが、私のように歯列矯正に興味はあるけれど高すぎてできない、とか、見た目が嫌だ、とか不便・不快だ、ということで矯正を躊躇している方、「キレイラン」は検討の価値ありかなと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA