美しきパリのお散歩

昨日もまたイブから続き、朝からクリスマスモード。

子供たちはイブの宴会で遅く寝たにもかかわらず、サンタさんからのプレゼントへの期待に大興奮。早朝にベッドから飛び起き、ツリーの下のプレゼントを確かめにかけて行きました。

午前中はサンタさんからのプレゼントのおもちゃを組み立てたり、夢中に遊んだりで、あっという間に過ぎ、1時頃からはまた数時間に渡って続くクリスマスのご馳走。うちは日仏夫婦なので、2日間とも夫の家族と過ごしていますが、これが仏仏カップルだと、24日は彼女の方、25日は彼の方、といった具合に、それぞれの家族を訪れることが一般的のようです。

さて、デザートが終了した頃(4時頃)からは近所の家々を訪れては、シャンパン片手にそれぞれの屋根の下で、またおしゃべりの嵐。6時くらいに戻って来て、みんなが集まった頃に、ツリーの下に散りばめられたプレゼントをそれぞれ渡し合う。どうやらご近所さんちではベビーブームのようで、兄弟のうち2人がパパやママになっていた。とのことで、もちろんお祝いを持ってご挨拶に。

とまあ、こんな具合にとっても賑やかなアフターヌーンなのでありました。

家族、親戚、ご近所との団欒ももちろんとても大切な時間なのですが、せっかくパリに来ているのに、ほとんど外に出ることもなく、デーブルを囲んでのひたすら食い倒れな2日間。そろそろ外の空気に触れたい!街の雰囲気を感じたい!ということで今日は午前中からパリの街へ繰り出しました。

しかも今日は快晴!この時期のパリは通常どんよりグレーなのですが、今年はあまり寒くもなく、しかも青空!パリらしくないっちゃーないけど、私はやっぱり青空が好き?? 気分も上がるし、どんなにグレーが似合う街とは言え、やっぱり青い空と太陽の光に包まれると街の美しさがより一層際立つ気がするのです。

パリ時代に仲良くさせてもらっていたお友達(彼女とはパリに来た当初にクラスメートとして出会い、その後も密な時間を過ごし、お互い一人目の出産も同時期であったというある意味戦友なようなお友達なのです)家族とランチタイムから会う予定だったので、ちょっと早めに街に出て、約束の時間前にノートルダム寺院付近をお散歩♪

IMG_5701

IMG_5703

この青空と少しばかり冷えた空気が日本のお正月を彷彿させる感覚でした。

IMG_5707

想像していたより、パリの街は活気づいていて、変わらずの美しさを身にまとっていました。

IMG_5702

IMG_5697

そしてパンテオン!遠くにはパリのシンボル、エッフェル塔が見えます。パンテオンの前にはまだツリーがちらほら。

IMG_5696

ランチはイスラム教寺院のモスクにて。このモスクはレストランとハマムがついているので、パリ在住時代は時々、ハマムに行って、日々の疲れを癒していました。

IMG_5723

ここのレストランは子連れにやさしい店(よくアラブ人の大家族が集まって食事をしている姿を見ていたため)と認識していたので、今回ここを選びました。久々の再会で、ママンたちばかりか、子供たちも大興奮でした!

ランチの後は隣のJardin des Plants (植物園?!)へ行き、子供たちは走り回り、親たちは時々追いかけながら、ゆっくりと穏やかな午後のひとときを楽しみました。

IMG_5726

やはりパリの街は美しいです。そして人々の心をウキウキさせる”何か”がある、といつも思うのでありました。


“美しきパリのお散歩” への2件の返信

  1. 明日香さん、今日は29日、時間ができたので、あなたの素晴らしいHP、よませていただきました。おもしろいところは、フランス人とお金のところね。お金から人を見たりしないのが、とても気に入りました。イギリスは、資本主義発祥の地ですからね。日本でも、いろいろな点で格差が拡大しているのですが、特に、お金を巡っての格差は大変です。なんせ、労働者の40%が非正規労働者、すなわち、パートのようなものですからね。「武士は食わねど、高ようじ。」とおなじ感じがいいね。

    セルフ・プロモーションのあなたの様子も面白いね。自己申告もまた、西洋的、資本主義的だようね。

    初めのところの、クリスマスのパーティは、私も、アメリカに通算して7年もいましたので、よくわかります。ともかく、私のような”小さな人間”には、一年に一度とは言え、食べきれません(付き合いきれません)でした。この時、ワインやチーズのこととがわかりましたが。

    2人の子どもさん、大きくなられたね。

    1. 加藤先生、読んで下さったのですね!大変光栄です。ありがとうございます!
      日本人として海外で暮らしていると生活の様々な局面が面白かったり、不可解だったり、と新しい発見が多くあります。
      これからも少しづつ、働く母として見たフランスとイギリスについてメインに書いていこうと思っています。
      またお時間のある際に、思い出して下さったらお立ち寄りください!
      心穏やかな年越しをお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA