非日常というスパイスーオーストリア大使館のパーティー

イチョウの木々が黄金に輝き、素敵な晩秋を堪能するぞ~!と思っていた矢先、急激に冬の陽気になってしまいました。今日はとにかく寒かった。しかもグレーな空模様。この寒々しい空気感は欧州在住時代を思い出させます。

さて、週末はドイツから一時帰国中の妹夫婦と両親、兄弟家族総出で湯河原温泉に行って来ました!

湯河原は過去に何度か足を運んでいるのですが、あらゆる温泉地に行ったけど、改めて湯河原のお湯が最も美肌効果が高いと感じています。

それこそ、お兄ちんがまだ1歳だった頃。パリから一時帰国した私たちは家族総出で湯河原温泉に行きました。

日本に着いてからというもの、膝裏あたりに若干湿疹のようなものができていたのですが、たった一泊二日の湯河原温泉旅行の後、膝裏の湿疹はすっかりなくなっていて元のつるつるお肌に戻っていたのでした。

嬉しい驚きと同時に、この滑らかなお湯ならそうかも!と妙に納得。お湯が驚くほどぬるぬるで滑らかなのです!そりゃ~湯治目的で人が遥々来るわけだ。まるで魔法のお湯です。

今回も漏れなくお湯の”凄さ”に感動して岐路につきました。

しかも美しい紅葉も愛でることができたという特典付き💛

泊まりだったので、妹夫婦ともたっぷりおしゃべりができ、赤ちゃんにもたくさんちゅっちゅでき、楽しくリフレッシングな週末となりました。

東京からたった2時間の距離でこれだけリフレッシュできるのだから、やはり1か月に1週末くらいはどこかに旅行し非日常を味わえたら理想!と夢が膨らみました~💛

妹家族との怒涛の2週間半。毎週末どこかで集合し、少なくとも土日のどちらかは一緒に過ごしました。

ママンは大家族なので男兄弟もいるのですが、やはり同性の妹には、男兄弟にはない特別な結びつきを感じてしまいます。

近くで生活できたらお互いにとって最高だね!なんて話しながらも今は、それぞれの地でそれぞれの生活に邁進するしかありません。

というわけで、無事妹夫婦が岐路に着き、少しばかり特別だった2週間半が終わり、いつもの日常生活が戻って来ました。

さて、今日はさらっと先月行ったオーストリア大使館のパーティーの様子をお裾分け。

毎年10月末に麻布十番にある大使館で在日オーストリア人とその家族が招待され、オーストリア共和国の建国記念日を祝います。

ママンがこのパーティーに最後に行ったのはおそらくもう15年以上も前。

なので今回の参加はもちろん夫にとっても子供たちにとっても初めてでした!

これほど本格的なオーストリア料理をふんだんに食べられる機会はなかなかないので、昔はそれが年一度の楽しみでパーティーに行っていました。

大の大人になった今もやはり一番の楽しみは変わらず食事~!

いや~、ほんと、おいしい💛

じゃがいもときゅうりのサラダやサラミ、チーズ、シュニッツェル、グラシュ、センマルパン等々、ママンにとっては子供の頃何度か遊びに行っていたオーストリアの懐かしのお味がわんさか。

すでにこの時点でお腹パンパンでしたが、デザートもあまりにおいしそうなので、数種類を少しずついただきました。

これぞ満腹。

これだけいっぱいお腹に詰め込んだのはいつぶりだろうか、と思うほどよく食べました。

もはやお恥ずかしいくらいの貪欲ぶりです(涙)。

夫も料理の美味しさに感動して、ママンと同じように動物さながら、貪っていました。

子供たちにもオーストリアの文化そして味を!と思って連れて行ったのですが、もちろん料理はおいしくいただいていましたが、それよりもやはり遊ぶことの方が楽しいようで、大使館のお庭で初めて会う子供たちと一緒にみんなでケードロに夢中になっていました。

両親の知り合いや初めてお会いする方々と時々会話を楽しみながら、美味しすぎる食事を満喫し、何だか特別で華やかで楽しい素敵なソワレとなりました。

お庭があるのもやはりいい雰囲気です!

平日月曜日の夜の開催だったので、実は行くか行くまいか少し迷ったのですが、やっぱり行って良かった💛

日常の中の小さな非日常が日々の生活にスパイスを与えてくれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA