名古屋の晩餐、伊勢志摩の旅

お正月も早々と過ぎ、月曜日から仕事始めだった方が多いのではと思います。

これだけ長い休みがあると頭の中が完全に休暇モードになってしまうので、仕事モードに戻るのに少しばかり時間とエネルギーを費やした気がしましたが、4日もたった今となっては完全に仕事モードの日常が戻って来ました。

さて、今日は年末のラストミニッツで決めた弾丸旅行のレポートです。

急遽年末に休みがとれた!といっても、31日おおみそかの夜は友達ファミリーと我が家で年越しアペロの予定が入っていたので、夕方には家に着かねば!という状況。また、28日土曜日は別の友達ファミリーと横浜のこどもの国という公園(アイススケートもでき最高に楽しい公園です!)へ行く予定だったので、実質旅行に行けるのは、29,30、31日の夕方まで。

とは言え、休みがとれる機会というのもそうそう多くはないので、ここはもう勢いで決めちゃえ~!と、前々から気になっていた伊勢志摩に行ってみることにしました!

せっかくなので海辺のホテルで2泊したかったのですが、さすが年末、どこもかしこもお高いではないか!!!

それでもやはり憧れの伊勢志摩のスペイン風ホテル。一泊はしたい💛

それなら、前日は名古屋辺りで簡素なビジネスホテルに泊まり、朝一で名古屋を出発すればいいのでは!

と思いつきそのような日程で進めることになりました。

急遽決まったとは言え、名古屋には実は数人のお友達が住んでいるので、中でももう2年ほど会えていないパリ在住時代の親友ちゃんに、その日の夜会えないかと声をかけてみました。

するとなんと、是非会おう💛との回答!

嬉しすぎる~💛

そんな風にして一気に旅モード、ルンルン気分に満たされ、当日を迎えたのでした。

ところが、年末ということもあり新幹線は乗車率が120%以上とのこと。

指定席はとれるわけもなく、列に並んで自由席を確保する作戦に出ました。

お昼前の時間帯を狙って行ったのですが、やはりすごい人!東京駅構内は大変なことになっていましたが、どうにか駅弁をゲットし、新幹線に乗り込み、きちんと人数分の席を確保することができました。やれやれ。

名古屋に着いてからは、とりあえず観光。

名古屋出身の友人たちは必ず名古屋に戻るという、異常なほどの地元愛の強さを常々感じさせられていた街。

そんな友人たちも口を揃えて、名古屋は見るところ(観光するところ)はないよー、でも心地がいいの💛、と。

一体どんな街なんだろうか?とそんな名古屋の魅力を発見するがごとく、ひたすら家族で街をぶらぶらしてみました。

確かにこれといった見どころは、名古屋城以外、あまり目にとまりません。

けれども、確かに街のサイズ感が程よく、あらゆるところに可愛げでオリジナルなカフェがあり、何だか楽し気~!

凄く好感を持てる街の雰囲気です。

さて、夕方からは親友ちゃんが急遽予約してくれたイタリアンのお店へ。

子供たちはピザが大好きなので、大喜び。

みんなで美味しいピザを食べながら(大人たちはイタリアワインも!)、みんなで”何が見えるか”ゲームをして遊びました。

いや~、このほのぼの感、たまらない。親友ちゃんは子供に慣れているだけあって、ほんわか空気の中、みんなで楽しいひとときを過ごすことができました。

その後、パパは子供たちを連れてホテルに早々に戻ってくれたので、我ら二人はワインバーへ。

久々の彼女との語りです。パリ在住時代はよく二人で色んなことについて語っていました。あれからもう15年近く経っていますが、かつての我らと何ら変わりない空気感の中、ライフステージが一つ上がった二人としての熱い語りが繰り広げられていました。

やはり戦友であると改めて感じたひとときでもありました。異国の地で共に日々“戦い”ながら生き抜いた仲。深く強い絆を感じました。

さて、翌日は伊勢神宮経由でついに伊勢志摩です!

長くなってしまったので今日はここまで。続きは次回のお楽しみ~💛


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA