肌荒れの原因を探るー健康な食生活とリーキーガット

GW中は、家族と田舎の家でのんびり過ごした以外にも、大学時代のサークルメンバーとランチしたり(海外在住組の帰国がたまたま重なっての突発的な会!)、高校時代の部活メンバー数人と家族帯同で会ったり、高校時代の親友と丸の内でランチデートしたり、また、パリ在住時代から家族ぐるみで仲良くしてもらっている家族と舎人公園でピクニックしたり、と、とにかく盛沢山で、様々な友達との再会も多く、とっても充実していたのですが、中でも、個人的にとっても”衝撃!”なことがあったので、今日はそれをシェアさせていただきます!

それは、高校時代親友ちゃんとのランチでのこと。

約束の時間ちょうどにお店に向かうと、彼女はすでにお店の前に来ていました。

遠目から、”何だか美しくてさわやかな方がいる~!”と思って見ていたところ、近づいてみると、親友ちゃんではないか。

元CAということもあり、元々スタイルもよくきれいで目立つ女性ではあるのですが、何だかいつも以上に、”すっきり”で”凛”としたオーラがあるではないか!

「久しぶり~!何だかやけにさわやかできれいな人がいると思ったら!」と半年ぶりに会う彼女との会話が始まりました。

始めのうちは、職場での人の扱いの難しさについて、学校でのPTAの複雑さについてなどの話をしていたのですが、そのうち、”実は最近、肌疾患が出てきて”と、お肌の問題、そして原因を突き止め根本から解決すべく、どのように立ち向かっているのか、という話になりました。

彼女はもともと健康体質で、肌荒れなどもないような印象でしたが、そんな風だったからこそなおさらショックだったのでしょう。突然何かをきっかけに肌(一部分だけですが)が荒れだし、怖くなったようで、ネットやら本やらを読みあさり、あらゆる情報を検索し、原因を追究、そして解決策を探ったのでした。

皮膚科に行っても、ステロイドや保湿液を処方してくれるだけで、何の解決にもならないから、と。

確かにその通りで、ママンも時々湿疹が出てくることがあり、皮膚科に行くことがあるのですが、診察はそれこそ1分くらいで終わってしまい、ステロイドやその他のクリームを処方してくれておしまい、といった風。

なので、原因が何なのかもわからないし、処方していただいた薬で症状を一時的に抑えることはできるかもしれませんが、根本解決にはなりません。

ということで、お友達があらゆる情報収集の末、辿りついたのが、”リーキーガット症候群”。

リーキーガットとは、言葉も聞いたことがなかったので、初耳で、彼女の説明に超真剣なまなざしを向けるママン。

本当に感心するほどよく調べていてそつがない!説明もとってもわかりやすく、目からうろこ状態でした。

なるほどー、もしかしたら自分にも当てはまるかもしれない、と思いながら、帰宅するなり早速、ネットで様々な情報を収集してみました。そして人生初のアレルギーテストもやってみることに(現在結果待ちです)。

これまでは、子育て、仕事に追われていたので、自分自身の健康や美容は後回しになっていましたが、子育てが少しばかり落ち着き、仕事もフルタイムではなくなった今、やっとそういったものに目を向ける心の余裕が出てきたので、そんなチャンスを逃すわけにはいかない!

これまでも、健康や美容にはそれなりに気を付けていましたが、”それなりに”のレベル。

グルテンや乳製品、砂糖が体に悪影響があることを何となく認識しつつも、普通に食べていたし、美容院は数カ月に1回、ローションや乳液もパッパッパで終わり(笑)。

”リーキーガット症候群”について調べていると、やはり小麦粉に含まれるグルテンや糖分がいかに腸内環境を悪化させ、アレルギーや倦怠感や橋本病、リュウマチ、そして癌に至るまであらゆる病気を牽引している可能性が高いことがわかります。

とは言え、大好きでもあり、日常的に食べているパンやパスタなどの小麦製品を一切食べないという選択は私の中であるのだろうかと自問したり。。。

なぜ今回、この”リーキーガット”の一件がこれほどまでにママンの心に響いたかというと、やはり親友ちゃんの困っていた肌荒れがほぼなくなり、”さっぱりすっきりさわやか”に輝く姿。

そして、実は、グルテンフリー及び糖質カットをし、食物繊維を多く食べるように意識している、といった話を聞いたからなのです。

自分から見たら他人である第三者がどんなに力説しても、あまり響かないようなことでも、やっぱり目の前にいる友達が、結果を見せながら力説してくれるとなると、やはり説得力が違う!

というわけで、ママンも早速、グルテンフリー、糖質カット、そしてゆくゆくは乳製品フリーをトライしてみようかと思い、ここ数日、とりあえず朝のパンはカットし、食事の合間に時々つまんでいたチョコレートやクッキー等の糖質をカットしてみています。

それだけでもウエスト回りが若干すっきりしたような気がしていて、何だか気分は上昇!

結局長くなってしまいましたが、体調があまりすぐれない方、より健康になりたい方、一度、グルテンフリー、糖質カット、もしくは乳製品カットをトライしてみたらいいかもしれません。かの有名なプロテニスプレーヤー、ジョゴビッチも、グルテンフリーがいかに彼の人生を変えたかについて熱く語っています!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA