芳香蒸留水(果実水、フローラルウォーター)と展示会出展体験

皆様こんばんは。

今日は朝から曇り空で空気が冷え込み、外出するのが億劫になってしまうような陽気でした。

今は外はシトシト雨。

山間の地方では雪が降っているようです。

さて、昨日から化粧品開発展に出展しています。

同展示会では、化粧品原料としての果実水や、紅茶・緑茶のエッセンシャルウォーター(方向蒸留水)を出品しています。

芳香蒸留水というのは、精油(エッセンシャルオイル)を水蒸気蒸留で抽出する際に作られる副産物とも言われ、よく知られているフローラルウォーターやハーブウォーターも芳香蒸留水です。

果物やハーブ等の植物を水蒸気に当て、精油成分を気化させた後冷やすと、脂溶性と水溶性の2層の液体が出来上がりますが、そのうちの脂溶性の部分は精油(エッセンシャルオイル)で、水溶性の部分が芳香蒸留水(エッセンシャルウォーター)というわけです。

これがまた、さっぱりしていて洗練された香りなのです。

精油は有効成分や香気成分が濃縮されているので、とても濃く重たいのですが、ウォーターは軽く爽やかで、でも香りはきれいに残っている。そんな風です。

しかも完全に天然のものなので、やはり香りの本物感が違います。まるで果実園や野原にいるような、ついつい、”ん~!!”と言ってしまいたくなるようなそんな香りがするのです。

出展者でありながら、何度も様々な美しい香りに癒されておりました。

というわけで、ここ3日間はとても密度の濃い毎日を過ごしています。

とは言え、やはり展示会というのはビジネスチャンスに何とも有難いツールだと改めて感じております。

電話やメールでコツコツ営業をしても、疎まれるのが落ち。

展示会というのは、売りたい人と買いたい人がピンポイントで出会える最高な機会と言えるわけです。

 

そういう意味ではとても手応えのある刺激的な2日間でありました。

様々な出会いがあり、様々な情報が入手できる。

また、商品に実際に触れられる、そして相手先の顔が見られる、というのはやはり今後のビジネスに繋がりやすい環境であることは間違いないと感じました。

一日立ち仕事というのはこんなに大変で、こんなに足がむくむのか!と驚きでしたが、とても新鮮で楽しい体験をさせてもらっています。

明日は最終日。

また素敵な出会いがたくさんありますように。

そして忘れてならないのは、ちょっとばかり忙しいママに協力してくれる夫と子供たちの存在。

お休み前の寝かしつけとチュッチュはいつも以上にたっぷり注いであげました♡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA