ロンジン(スイスの老舗時計ブランド)日本限定商品のローンチパーティー

初夏を感じる陽気の今日この頃、変わらず仕事、家事、子育てに追われた日々を送っております。

そんな中でも、先週は、少しばかり非日常的なイベントがありました。

子供の学校で知り合ったママ友達に誘われ、スイスの老舗時計ブランドであるロンジンの日本限定商品のローンチパーティーに行って来ました。

ママ友達は、ロンジンのブランドマネージャー。

外国人でありながら、日本人を多く抱えるチームのマネージャーとして日々どのように業務を遂行しているのだろうか、と超人的な何かを感じてしまう彼女。

溢れんばかりの愛情を注いでくれる旦那さんがいて、健やかに成長するかわいらしい子供たちに囲まれ、仕事ではブランドマネージャーという大役を担い、世の中にはこんなスーパーウーマンもいるんだなーと感心するものの、話してみると何とも心の余裕を感じ、気さくな彼女。

やっぱりスーパーウーマンでした(笑)。

さて、そんな素敵パーティーですが、ドレスコードは、”Stylish and elegant”。

久々のドレスコード有のパーティーにウキウキしてしまう私!

そんな機会は多くなので、ここぞとばかりに、もう一人の仲良しママ友と二人、ご無沙汰の超ハイヒール&ワンピースの装いで出かけていきました(夫には完全にあきれられていました笑!)。

場所は何とも美しく優雅な「九段ハウス」 (旧山口萬吉邸)。

益々テンションが上がります。

やはり美しいものは人の心を浮き立たせる!

改めて感じました。

さて、会場入り口では、ロンジンのロゴとともにカメラマンが素敵なスリーショットを撮ってくださいました。

会場内では、ドレスコードをきっちり守って(笑)、スタイリッシュでエレガントに着飾った男女がシャンパン片手に華やかに社交を楽しんでいました。

ゴージャスで優美な空間です。

そんな空間にすっかり酔いしれていた私たちですが、この後何とも残念な落ちが。

自宅から会場までの移動ですでに若干足が疲れていたものの、お洒落のためなら頑張る!と 少し背伸びして履いていたピンヒール。

どうやら建物内の床が繊細な木を使っているようで、傷つけてはいけないとのことで、ヒールをカバーするプラスチックをはめることが義務付けられているとのこと。

プラスチックを手渡され、何度もはめようと試みたもののうまくフィットせず。。。

というわけで、ヒールは没収され、その代わり、室内用のスリッパを渡されたのでした(笑)。

あんなに頑張ってヒールを履いて、”スタイリッシュ”というドレスコードに応えようとしていた私って一体。。。

せっかくの素敵空間で、ワンピースにスリッパ?

あまりの不格好さにもう笑うしかありませんでしたが、内心、足がかなり疲れていたので、ほっとしたというのも事実(笑)。

何だかヒールからスリッパに履き替えた瞬間、緊張感が一気に緩み、寛ぎモードに。

と思うと、やっぱり着ている服や身だしなみによって、自身の気合や精神状態が変わってくるもんなんだなーと改めて感じた一幕でもありました。

さて、そんな風にしてドレスとスリッパ姿になった私。

ママ友はヒールにうまくプラスチックがはまったので、ドレスにピンヒール姿でまさにスタイリッシュ!いいな~、いいな~。でもいいんだもん、スリッパ快適だし!と隣で内心自分をなだめている私(涙)。

開き直って、邸宅内に展示されてるロンジンの歴代の腕時計の鑑賞を楽しみました。

洗練されたデザインが美しい時計たち。

今はまだ腕時計に数十万円をかける余裕はありませんが、そのうち、そんな腕時計を夫にプレゼントできるくらい頑張って稼ごう!と妙な仕事モチベーションが上がりました!

数々のデザインの時計鑑賞を楽しんだ後は、地下のお部屋でDJ付のカクテルパーティー。

ブランドマネージャーの彼女が率いるチームメンバーや友人たちと、シャンパン片手に”はじめまして”トークに花を咲かせました。

非日常空間での非日常なひととき。

スリッパという落ちはあったものの(笑)、何とも良い気分転換になり楽しい時間でした。

ママだって、時にはこうしてピンヒールやドレスを着飾って”女”になり、華やかな世界を楽しむことだってしたいんです!

こんな貴重な機会をありがとう💛


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA