「書く」ということ

2018年も残すところ後4日になってしまいました!

師走は、特にクリスマス付近まで行事が目白押しで、あっという間に過ぎ去ってしまう気がします。

21日金曜日は子供たちの学校の今学期最終日。

最終週にはお兄ちんと小さなぼくちんの学年のそれぞれイベントがあったり、友達とのパーティーがあったり、忘年会があったり、その合間にサンタさんの役目を遂行したり(プレゼントの調達!)、年賀状を書いたり。。。とにかくチェックボックスにチェックする項目がかなり多い月だと改めて感じました。

そして21日金曜日の夜は、お隣さん宅で、晩酌。

夕食後に、ワイン片手に伺い、ちょっとしたおつまみを食べながら、完全にくつろぎモードで大人の会を楽しみました。

ちなみにお隣さんは日本人xオーストラリア人の家庭。

英語や日本語が飛び交いながら、ワインのすすむ楽しいひとときでした。

やはり近所(しかも隣!)というのは、気楽だし、何だか寛げちゃうし、最高です♡

そして土曜日は小さなぼくちんの元幼稚園のクラスでのクリスマス会。

みんなでビンゴをしたり、プレゼント交換をしたり、と、これまた和やかなひとときでした。

そして月曜日、24日は実家に兄弟家族が集合し、クリスマスランチ。

今年も例年のごとく、鳥の丸焼きバターライス詰めを作りました。

ちなみにバターライスはレーズンとパプリカを混ぜて炒めています。レーズンの甘味がご飯に溶け込み、チキンのうま味と絶妙なハーモニーを醸し出します♡

ママンが子供の頃は、クリスマスの食事はコック・オ・ヴァン(チキンのワイン煮込み)と決まっていましたが、多人数分を作るのが大変なので、近年はチキンの丸焼きにしています。

そんな風にして、楽しいこと三昧なのでもちろん素敵なことではあるのですが、何だか嵐のように師走が走り去ってしまい、そんな慌ただしさがひと段落した今、急に、緊張・筋肉が緩んでしまい、頭がボーっとしているように感じられます。

もはや思考不能みたいな。

というわけで、ここ数日、インスタもツイッターも、ブログを読むことも投稿することもある意味放置してしまっていました。

良く言えばデトックス。悪く言えば怠惰(笑)!

というわけで、今日は久々に書こう!と気合だけは入れたものの、まだ思考停止が尾を引いているようで、何を書いていいのかわからない。

こんな感覚は正直久々でもあります。

大抵、次はこれについて書こう!とか、こんなこと書いたら面白そう!とか、そんな案がいくつも頭の中にあるのです。

ところが、ここ数日は、驚くほど真っ白!本当に何もない!

ここ数日、頭の中を占めていたのは、日々のチェックボックス項目と、仕事のプロジェクトのことのみ。

そんなことばかりを朝から晩まで考えながら、日々生活をしていました。

今頃になって改めて、「書くこと」を続けることって、生半可な気持ちではできないなと感じています。

書くためには、日々、動き(アクション)があり、感情が揺さぶられ、情報収集し、分析し、考え、自分なりの回答を出す必要があります。

また、人(特にターゲットとする対象)に喜んでもらうためには、ただ自分視点から徒然と書くのではなく、”人”が欲していること(情報)や、”人”に共感されること、”また、人”が喜ぶことを書く必要があると感じます。

となるとやはりかなりのエネルギーと時間が注がれることになり、気持ち的にも時間的にも余裕がないと”書けない”わけです。

というわけで、「書くこと」というのは楽ではありません。

なかなかスラスラと筆が運ばずにブロックしてしまうことも多々あります。

でも、それでもどうして書き続けているんだろう?と考えてみると、やっぱりシェアする価値があるのでは(すべきなのでは!とまで思っていることもある。(小さな親切、大きなお世話か!?))、という情報や経験も多くあるし、単に世の中に言いたいことがたくさんあるのかもしれない。

それから、人生、視点を変えればもっと楽しいことや、嬉しいこと、美しいこと、そして“自由になること”が増えるんじゃないかって思っていて、そんなことも感じてもらえれば!なんて密かに願ってもいるのです。

書いていてよかったな、と思うことは、やはり時間がたった時に読み返してみて、“あ、あの頃はこんなこと考えてたんだ!”と過去を振り返られること。

そいうった意味では“書く”という作業はおすすめできるのかなーと思っています。

それでは皆様、残り4日の2018年、心穏やかな日々をお過ごしください♡

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA