無料の高級レストラン?から見る優しい社会

先日、「自己責任論について思うこと」と題した記事を投稿したところ、素敵なコメントと、“レフェットリオ”という路上生活者のために無料で最高級料理を提供するレストランについての情報をシェアしていただきました。

調べてみると、こんな記事こんな記事を見つけました。

驚くほど斬新で、驚くほど寛大で、心温まる素敵な企画で感動してしまったので、皆様にもシェアさせてもらいたく投稿させていただきます。素晴らしい情報を共有していただきありがとうございました!

“難民や路上生活者といった社会的弱者に尊厳を取り戻してもらおう!”、“料理は愛だ!”との熱い思いから、世界ベストレストラン50で世界一に輝いたイタリア人シェフが始めたもの。

場所はパリ、マドレーヌ寺院の一角。

何とも優雅な雰囲気を醸し出す空間だ。

昼間は普通の有料のレストラン。夜は路上生活者のための無料レストランとなるようだ。

食品廃棄問題にも取り組んでいるようで、賞味期限間際の食材を使用して料理をしているとのこと。

また、厨房やサービスはボランティアの人たちでまわしているとか。

これこそ、まさに、みんなが笑顔になれる素晴らしい発想!

こういう記事を読むと、思いやりの心、純粋に人を人として尊重すること、分け与えること、手を差し伸べることがいかに気持ちよく温かなことであるかと改めて感じる。

フランスやイギリスでいいなあと感じていたところは、まさにこの“困っている人”や“弱者”に手を差し伸べることが“普通”である社会的風潮。

身近なことで言えば、例えば、あきらかに妊娠しているとわかる女性がいたら、妊娠バッジなど付けていなくても、老若男女問わず必ずすぐに誰かが席を譲る。

ベビーカーやスーツケース等、重たいものを抱えて階段を歩く女性や高齢者がいたら、必ず誰かが声をかけ手伝う。

また、至るところでチャリティー活動が盛んに行われていて、例えばクリスマスを一人で過ごさねばならない高齢者たちや、貧しい家庭の子供たちにプレゼントを贈ろう!と盛り上がっていたりする。

おそらく、“貧しい者に分け与えること”や、“助けを必要とする人に手を差し伸べること”を美徳とするキリスト教的思想が根付いていることとも関係するのでは、と思う。

日本は、自然災害時の被害に対するボランティア活動や寄付に関しては非常に活発で素晴らしいと思うけど、日常的に助けを必要としている“社会的脆弱性のある人々”については盲目だ。むしろ、“自己責任”と非難してしたり、そもそも無関心であったりする。

みんな自分のことでいっぱいいっぱいなのはわかる。

私もそうだから。

でも、少し外を見渡してみると色々なことに気が付く。

色々な背景を持つ人々の集合体が社会だ。

人はそういった十人十色の人と人の間、繋がりで生きている。

個々人の安心や幸せは社会の安心や幸せに繋がる。

もちろん全ての人が幸せになることはあまりに現実離れしている。けれども、あらゆる社会的背景を持つ人も含めて、より良い社会へ向かっていこう!幸せを共有しよう!人にいいこと、そして地球にいいことをしよう!という動きはとてもポジティブで温かくて素晴らしいと感じるのだ。

どんな人も幸せになる権利がある。

幸せを追い求める権利があるし、人としての尊厳を感じる権利がある。

せっかくの与えられた命。より良く使って生きていきたいと思う。

レフェットリオの話からの飛躍が凄まじく自身に呆れてしまいますが(笑)、日本にももっと、そんな素敵なムーブメントが起ったらいいのになーと願いつつ、実はとても日本のこれからが楽しみでもあるママンでした。

今日も最後までお読みくださりありがとう♡


2 Replies to “無料の高級レストラン?から見る優しい社会”

  1. いつも楽しく、色々とブログで勉強させて頂いてます!

    私も、日本では世間で言うところの社会的弱者、(未婚の)シングルマザーなのですが、まさか自分がこういった立場になるとは想像もしていませんでした。
    そして気付いたことは、「子供」に関することに国、社会でこんなにも温度差がある!ということです。
    そこから派生していって、ママンさんがおっしゃる通り、日本ってまだまだ弱者に冷たいですよね。
    生活の中にチャリティー活動が根付いてるイギリス、フランスの社会、とーーーっても素敵です!

    国や社会が違うだけで、立場も周りの見方も変わる、、、そして心の豊かさも。
    そう考えると、子供の教育のためにもいつか、どこか他の国へ移住したいな、、、と考えてしまいます。

    支離滅裂ですみません。
    これからも更新楽しみにしています♡

    1. まりこ様
      素敵なコメントをいただき光栄です!ありがとうございます。
      日本は、おそらく「一億総中流」と言われていた昭和の時代をまだ引きずっているためか(現実はかなり乖離していますが)、チャリティーという発想自体が生まれにくいのかもしれないですよね。
      欧州は、元々移民も多く格差があったことと、キリスト教精神が根付いていたおかげて、現在のようなよい意味での社会主義的な部分があるのかもしれません。
      とは言え、日本も近い将来益々多種多様な背景を持った人々が混在する社会になって来ることが目に見えているので、色んな意味で社会が良い方向に向かうのでは、と私は内心期待しています。社会が混沌としてくると、人間は知恵を使って必ず良い解決法を見出すのではと楽観的に考えている自分もいます。
      とは言え、私も子供たちには広い視野を持ってもらいたいし、他人に無関心である人間にはなってもらいたくないと思っています。
      そのためにも、おっしゃる通り一度は外に出て欲しいと考えています。
      外に出て、自分の常識だったことが、実は小さな世界だけの常識で、万国共通の常識ではない!と知る経験をするだけでも、人間大きくなるんじゃないかって思っています。
      まりこさんも日本で大変なこともあるかもしれません。
      一人でできることは少ないかもしれないですが、少しずつ一人ひとりが意識して、一緒により良い社会にしていけたらなーと思います!
      こちらこそ、これからもよろしくお願します♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA