中古戸建て物件購入とリフォーム業者選び

昨日の快晴と打って変わって、今日はしとしと雨が降る肌寒い一日でした。こうして世の中が大変に時期に、肌寒い雨が降り、一日お日様が出ないと気分まで滅入ってしまいます。

一方、欧州はこの春、皆様ご存じの通り大変なことになっていますが、お天気にはとても恵まれているようで、ドイツに住む妹からはこんな素敵な写真が送られてきました。

何ともメルヘンチックな景色💛

最近は綺麗な景色を求めて動くこともできないので、写真や動画で美しい景色を楽しんでいます!

さて、家の購入からリフォームについて過去に3回ほど投稿して来ましたが、最後の投稿より随分時間が空いてしまいました。

これから家の購入を考えている方等、気になる方は是非、過去の記事を読んでみてください(第一弾第二弾第三弾)。

今日は第4弾です。

さて、なかなかハードルが高そうだと感じていた、リフォーム業者の選定。

正直全く知識がなかったので、まずは不動産に一社紹介していただきました。

住友不動産のそっくりさんという会社。

家へのこだわりは割と強いと感じている私。あらゆる可能性やアイディアを提案いただきたかったので、結局合計3社の業者にプランや見積りを依頼することにしました。

ネットでそれなりに時間をかけてリフォーム業者をリサーチしましたが、なかなか決められず、そんな時にふと、我が家からそれ程遠くない場所に住宅展示場があったことを思い出しました。

「これだ!」と直感にしたがい、近くの住宅展示場に行って色々なタイプのモデルハウスを見せてもらうことにしました。

様々なスタイルの家を実際に見れば、どのような内装が好みなのか見えてくるのでは?また自分の求めるスタイルやテイストが決まったら、おのずと業者が選定できるのでは?と考えたのです。

これは大正解でした!

展示場で6件ほどの素敵なモデルハウスを見学し、我らが求める家のスタイルが段々見えて来ました。

そこでインテリアのスタイルが比較的好みだった2社、三井リフォームと旭化成リフォーム(購入した家は旭化成社による建築)にも見積りを依頼することにしました。

まずはそれぞれの業者に連絡を取り、購入物件を見に来ていただきます。

その際にこちら側の要望を伝え、1,2週間の間に費用の概算と設計図(間取り図)を送付いただきました。

さて、リフォームの内容ですが、まずはマストだと決めていた水回り(トイレ、お風呂、キッチン、洗面所)と、壁と天井のクロス貼り。

そしてママンにとってはずしたくなかったのが、大きめな(できれば足の延ばせる)お風呂。

元々入っていたバスタブはかなり小さなサイズ。私も膝を曲げる必要がある程に見えたので、夫は三角座りになること間違いなし。

せっかくのウキウキ新居で惨めな思いをし続けてお風呂に入るのも何だかな~、それならこの機会に大きめのバスタブを入れてもらおう!となり、お風呂場リフォームのリクエストを出しました。

ただ、お風呂場を大きくするということは、キッチンをより前方に(キッチンの背後にお風呂がある)移動する必要性が生じます。

お風呂場とキッチンの間にある壁が果たして解体できる壁なのかそうでないのか、構造を調べないとわからない、と各社より言われ、ママン撃沈でした。。。

さて、一旦お風呂の話は横へ。

こうして、壁、天井、水回りを新しくすること、バスタブを大きくすることをまずは優先事項としました。

それからもう一点、これはママンの小さな夢。

寝室にドレッシングルーム(夢のまた夢!)まではいかないまでも、大き目なウォークインクローゼットが欲しいということ。

寝室が割と大きかったので、元々のクローゼットを広げてウォークインクローゼットを新たに作ることをリクエストしました。

これは問題なくできそうとのこと💛

次に、夫からのリクエスト。

洗面所のシンクをダブルシンクにすること。

これはママンも即賛成しました。

というのは、我が家では朝、洗面所を使う時間が夫婦で被ることが多く、髭をそり出すと長くなる夫にイラっとしたり、化粧をし出すと長くなる私に夫がイラっとしたりする、といったリトル衝突がよくあるのです。

それ程大きくない洗面所に二人で並んで朝支度をするのは、なかなか不快指数が高くなります(涙)。新婚夫婦だったら、そんな場面も楽しかったかもしれませんが、今となってはとにかくコンフォートゾーンとお化粧タイムを侵害されるのが不愉快に感じてしまうのです(お互い様ですが笑)。

それを解決するのが、ダブルシンク!というわけです。

元々洗濯機が置かれていた場所にもう一つのシンクを設置し、二階の洗面器が設置されていた場所に洗濯機を置くことを思いつきました。

ということでダブルシンクもリクエスト。

最後に、1階にある続きの和室2部屋をどうするか。

和室は寛げるし、美的にも風情がありとても好きなのですが、あまり使い勝手が良くないので(家具が起きにくい等)、2部屋のうちの一部屋を床張りにし和洋折衷の居間空間にできたらと考えました。

というわけで、上記をリクエスト。

そんな風にして3社の業者さんにそれぞれお見積りを依頼しました。

約2週間後、3社からそれぞれご提案の面談をしていただきました。

続きます!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA