ヴァカンスとホテル選び

やっぱり、ヴァカンスの楽しみと言ったら、ホテル♡

我が家はボーイズたちも含めみんな、ホテルステイが大好き♡

ホテルほど非日常が楽しめて、インスピレーションを得られて、リラックスできる空間はありません。

というわけで、どこにいくにもホテル選びにはとてもこだわるママン。

しかも折角のヴァカンスなのに、ホテルに着いた途端に気分がチーン、と凹むのは避けたいので、ホテル選びは慎重に行います。

国内旅行でBooking.comを使ったことはありませんが、海外での旅行では欧州在住時代からほとんどBooking.comで検索し予約をしていました。

もちろん4つ星以上のホテルやパレスホテルなどに泊まれば、最高に美しい空間と極楽気分を味わえるベッド、最高なおもてなし、そして最高においしい食事をいただけて、優雅に夢見心地を味わえるのは間違いなしなのですが、残念ながら予算との兼ね合いがあるので、いかにそれほどお金をかけずに、”幸せ~♡”と思える空間を見つけるか、というのがホテル探しのポイントです。

さて、ホテル探しをするときは、その旅の目的が何であるかをまず考えることが必要です。

もし、観光名所や街並、美術館、美味しいもの巡りといった風に、街中でできることが旅のメインテーマであるのなら、やはりアクセスの良い街中のホテルに泊まることが正解かと思います。

この場合は、アクティブに屋外にいることが多くなるので、ホテルという非日常の比重がそれほど大きくなく、利便性を絶対条件にして選ぶのがいいかもしれません。

一方、旅の目的がリラックスすることであるのなら、ホテルやホテル周辺にいる時間が必然的に長くなるので、ロケーションというよりは、施設の設備や心地よさを重視する必要があるかと思います。

それこそ、プールやサウナ、スチームルーム、ジムやマッサージ等のスパ施設が充実していたり、朝食付きでなおかつ素敵なレストランが施設内にあったり、お部屋の広さが十分あり、ベッドが快適で、眺めが良いことを期待してしまいます。

我が家の場合、この夏ルーマニアでは、街中にあるアール・ヌーボー建築の素敵なホテルか、プール付きの無難なヒルトンかで迷いましたが、結局は子供たちとのヴァカンスをより快適に楽しみたいという意向が強かったので、プール付きのヒルトンを選びました。

通常、小さな町に行く場合は、チェーンのホテルではなく、小さなB&Bのようなオリジナルでチャーミングなホテルの方を好みます。

また、住宅選びでも同様ですが、ママンは空間の雰囲気が好きになれるところでないと、心から楽しめないので、ホテル選びの際は、あらゆる写真を探し眺めます。

外観から、内装の雰囲気、朝食会場の雰囲気、ロケーション等、とにかくできる限り多くの写真を見て、直観で”好き”か”嫌い”で振り分けます。

過去に、フランスからベルギー、オランダ、ルクセンブルグと北の周辺国を車で回った際に数日泊まったアムステルダムのホテル。

モダンなホテルだったのですが、壁の色が黄緑で、家具がオレンジと白。何だか落ち着かなく、心がわさわさした状態で過ごした記憶があります。

これはもちろん好みの問題なのですが、そういうこともあるので、必ず写真を見るようにしているのです。

今回のホテル選びでは、プール付を絶対条件にしていたので、モダンで広大で、そして世界中どこでも同じようなサービスを期待できる無難なヒルトンに落ち着いたわけです。

そして今回はヒルトンにして大正解!

プール、そしてスチームルーム(蒸気のあるサウナ?!)が最高に気持ちよく、毎日のように通ってしまいました!

子供たちもとりあえずプールがあるので大満足!

壁にはママン好みの素敵な絵が描かれています。

ビーチチェアだけでなく、ソファーやベッド、そしてゆらゆら心地の良いハンギングチェアもありました。

最高にRelaxingな空間、そして時間であります。

こんなプールに毎日浸かり、緩やかに泳ぎ、スチームルームで汗を流し、ハンギングチェアで本を読み、時々ベッドでうとうとし、、、とそんなことが数日間できただけでも、どんなにリフレッシュできたことか。

やはり私の前世は魚か(笑)!と思えるほど(あ、でも平泳ぎしかできない!)、泳ぐことは何て気持ちがいいの!とこの上のない幸せを感じたり。

というわけで我が家はこのプールがあっただけでも、このホテルにしてよかった♡と大満足でした。

もちろんお部屋も素敵、眺めも良く、朝食も最高でした♪

チェーン店の良いところは、はずれがないところですね。

期待を裏切ることも、ほぼない。

無難なものを選びたいときにはいいのかもしれません。

とは言え、ママンは結構リスクテイカーなので、通常は個性的で味のあるホテルに惹かれて選んでしまうのですが(幸運なことに、今のところ結果として当たりなことの方が多いですが、時には大失敗も!涙)。

今回のホテルは若干街中から遠かったのですが(徒歩20分強)、歩けない距離ではないし、我が家はみんな歩くのが好きなので(小さなぼくちんにはまだ少しキツイようでしたが)、街並み観光や外食先にも歩いて行くことができ、快適でした。

ちなみにこれまでの様々な旅行の中でベストだったホテルはここ、Chateau de la Chevre d’or。

ハネムーンで行った、南仏のEze(エズ)という絶壁の村の高級ホテル!たったの2,3泊だったので奮発しました!

景色も、部屋も、朝食も、スパも、食事も、雰囲気も、サービスも、何もかもが極上でした。

また行きたい♡

今日はヴァカンスとホテル選びについて書いてみました。

最後までお読みくださり、どうもありがとう♡


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA